FC2ブログ
HOME>詩・小説

空へ

空を飛ぶ

背中に翼はないけれど

飛びたいと思ったら宙に浮いていた

ふわふわとした感覚

地面に戻ったら 二度と飛べない気がした

ならばどこまでもいこう

後悔しないくらい





私は なぜ飛びたかったの ?



本当は気づいている

ヒトが飛べるはずがない

言葉にしたらきっと地面と再開するのでしょう

そして 醜い姿を晒すのでしょう



だから

気づかないふりをする

どうかもう少しだけ

私を空にいさせてください


スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://toukarikashitsu.blog18.fc2.com/tb.php/223-606ed71e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】